私が鳥さんを好きになった話

私が初めてインコさんと触れ合ったのは、もう10年ほども前になります。

ある日我が家にやってきたのは、当時姉が通っていた動物関係の専門学校の先生から譲り受けたセキセイインコの「ともちゃん」でした。

ちなみにその先生は飼う動物全部に「ともちゃん」と名付けていたそうです笑

私はその頃県外の学生だったので、年に数回の帰省のときにしかともちゃんには会えませんでしたが、ペットはハムスターくらいしか飼ったことがなかったので、初めて間近にする鳥さんにかなり興味津々だったのを覚えています。

卒業して地元に帰って就職しましたが、引き続き一人暮らしだったので会う頻度はそんなに変わりませんでした。

2年ほど働いて、私は心身を壊しました。
一人暮らしも続けられず私は実家に帰りました。
そして初めて鳥さんと、ともちゃんと一緒に暮らす日々が始まりました。

つらいことを思い出してはしんどくなるような日々が続きました。
それでもともちゃんを見て触れ合うたびに、つらいこともうまく忘れられるような気がしました。

ともちゃんは荒鳥さんで、カゴから出ることも人の手に乗ることもない鳥さんでした。
でも人の爪先でクチバシをコツコツするのが好きで、もちろんはずみで咬まれることもありましたが、それさえもかわいくて仕方がなかったです。

かわいくてかわいくて自分からお世話をかってでて、掃除してご飯をあげて…
あるとき「かじりま専科」という穀物を固めたごはんがあるのですが、それを買ってきてあげてみたところ夢中で食べてくれました。
その夜、部屋のカーテンを閉める際カゴの近くに手がかすめたとき「ありがとう」と言わんばかりに私の手をペロペロしてくれました。

びっくりして喜んで、そのとき私は鳥さんの魅力に完全に虜になってしまったのだと思います。
鳥さんがこんなに感情豊かで人間を好きになってくれるということを初めて知りました。

ともちゃんはそのころすでに7・8歳で、私は心の中でいつか亡くなってしまうことへの覚悟をしていました。
様子がいつもと変わったのは一緒に暮らして半年ほど経った頃でした。

カゴの隅で羽をふくらませてジッとしていることが多くフンも柔らかめになっていて、元気のなさを心配していました。
ちょうど友人の結婚式で外出しなければならなかったので「帰ってきたら病院に行かなきゃかな?」と思いつつ出かけました。
次の日の朝、家に帰るときに母からのメールで亡くなっていることを知らされました。

家に帰ると、ともちゃんは明らかに死んでしまっていました。
私は爪先をコツコツしましたが、やっぱり動きだしてくれることはありませんでした。
母もかわいがっていたので一緒に泣きながら庭に埋めました。

ともちゃんは誰にも看取られず亡くなってしまいました。
もっと早く病院に行っていれば…
せめて結婚式が終わって1泊せずまっすぐ帰っていれば…

私はたくさん元気をもらったのに何もしてあげられなかった…
後悔で押しつぶされそうでした。

このときに絵を描いたことが今の活動のきっかけなのは、ショップカードなどに書いてある通りです。

たくさん愛情を返してくれたともちゃんが鳥さんの魅力を教えてくれました。
その後お迎えしたみどりちゃんとレモンちゃんを大事にかわいがってあげることが、私のともちゃんへの贖罪であり感謝だと思っています。

ペットを飼うことは気軽ではなく、簡単に捨てる人もいれば、責任感からなかなか飼えないという人もいます。
私も「ともちゃん」というきっかけがなかったら、自分からペットを飼うことはなかったかもしれません。
でも私はペットのおかげで明日も生きようと思うし、心が救われています。

亡くなって悲しい気持ちを昇華する以外に私が絵を描くことでできることは、ほんとうに必要としているひとに、鳥さんの魅力を少しでも伝えていくことだと思います。

ともちゃんやみどりちゃん、レモンちゃんがくれたものを、これからも大切にしていきます。

一人暮らしでオカメインコを飼うとき鳥かごはどれにする?

一人暮らしでオカメインコを飼っている我が家の実体験を元に、鳥さんについていろんなことをまとめていくこの企画。
今回は実は奥が深い!鳥かごについてです!

オカメインコ

撫でられ待ちのレモン氏

いろんなタイプの鳥かごがあるよ

角形

最もポピュラーな鳥かご。使っている方も多いのでは😉
手前に開くことで足場ができ、鳥さんが出やすい仕様のものもあります。
カゴ内の面積が広く、また四隅があると鳥さんは落ち着くらしい。
国内生産のものが多いのでおやすみカバーとか補助用品もそろえやすい。

丸型

角形よりかご内の面積は狭くなります。
鳥かごと聞いてイメージするのは丸型の方も多いのでは😉😉
実用性とオシャレさを兼ね備えてます。
餌入れが外付けのものが多く、フンが入らず衛生的。

アクリルケージ

羽毛やフンが飛び散るのを防いだり、多少の防音効果も期待できます。
網がないと運動不足になるのでできるだけ網をつけるか、ケージをアクリル板でおおう形にすると良い。
熱がこもりやすいので冬場にヒーターを使う場合は温度が上がりすぎないよう必ずサーモスタットを併用しましょう。
でもずっと密閉しておくと鳥さんのストレスになるので、できれば一辺は開けておきたい🌿

オカメインコさんにおススメな鳥かご

オカメインコ飼いさんに人気の定番カゴと、海外製の最強シャレオツカゴをご紹介します!

人気のホーエイ465オカメ

中型で尾羽も長いオカメインコさんには少し大きめの鳥かごがおススメ。
ホーエイ465オカメはそんなオカメインコさんにぴったりな鳥かごです。

ホーエイ(Amazon)

HOEI 35手のり 底カラー:ホワイト

新品価格
¥6,290から
(2018/12/14 14:02時点)

出入り口が手前にぱかっと大きく開くので、鳥さんが楽に出入りできます。
天井も大きく開くのでおもちゃなどの設置の際も楽チンです。
横網なので体が大きめのオカメインコさんでもカゴ内をつたい歩きしやすいのも人気の理由のひとつ。
底のトレーは引き出し式なので掃除も簡単にできそうです。

とくかくオシャレなファープラスト バリ ゴールド

丸型で大きめサイズといえばファープラスト バリ。
オカメインコさんに充分な広さがあります。

ファープラスト(Amazon)
少しお安めな楽天

出入り口が上部と下部の2つあるのも嬉しいですね。
注意点としてフン切り網が付いていません
でも個人的には特に必要ないかと思います。掃除も大変になるので…😇
あと付属品のブランコや止まり木は小さめなのでそのまま使えるのが少ないかも…
鳥さんに合わせてカスタマイズするのがおススメです。
ゴールドの他にホワイトもあります。

また、ファープラストの丸型かごにはもうひとつ「レジーナ」というのがあるのですが、バリがΦ43.5×H65.5cmに対してレジーナはΦ32.5×H45.5cmと結構小さめなのでセキセイさんやカナリアさんといった小型インコさんにおススメです。
オカメインコさんは尾羽も入れると体長20〜30cmくらいになるので…やっぱり小さめかな…?と🙋‍♀️

ファープラスト 鳥かご レジーナ ゴールド 小型鳥用

新品価格
¥7,290から
(2019/1/14 10:15時点)

わが家はファープラスト バリ ゴールド

昔から丸型かごを使っていて扱い慣れているのと、大きめなのにオシャレという点で決めました🙋‍♀️

付属品は下の画像の他にエサ入れが3つ付いてます。

ブランコがちょっと小さすぎるので変えているのと、止まり木はカゴの半分くらいの長さしかないので市販の天然木のものを追加しています。
本当は幅いっぱいの長いのが欲しいけど中々見つからない…😢

カスタマイズして使用中

お食事中のレモン氏

エサ入れ汚れておる…😨(ほんとはきれいな透明)
このエサ入れは食べにくそうという声もありますが、まあまあ大丈夫というか外付けはこんな感じかな?と…
ただ底の方の餌はさすがに食べにくそう😢
どっちかというと付属の飲み水入れが飲むの下手くそでした☺️

このオレンジの水入れは移動用のキャリーのときくらいしか使ってません。

夜のおやすみ時にはブランケットかけてます🌛

一人暮らしの際に難点があるとすれば、防音対策でかごをおおうタイプのアクリルケージを使う場合、対応するサイズを探すのが大変というところでしょうか🤭💦

その他はレモン氏は特に問題なく使えています!

オカメインコさんには大きめの鳥かごでのびのび過ごしてもらおう

ぜひ鳥さんに合うようにかつ自分好みな鳥かごを準備してみてください!
他にもおもちゃやヒーターなど必要なものも沢山あるので、いろいろとカスタマイズしていくのもとても楽しいですよ🥰

新年ですね!

昨年はレモンちゃんに出会えたり、鳥フェスで沢山の方にお会いできたり、初めて文鳥を描いてみたりととても充実した1年になりました☺️
お世話になった皆様、本当にありがとうございました🙇‍♀️

本業が忙しくなかなか思うように積極的に活動できていませんが、今年もがんばりたいと思います💪💪💪新作を増やしたい!!!!!!!!
2019年も変わらぬご愛顧のほど、どうぞよろしくお願いいたします!

オカメインコを一人暮らしで飼うとき脂粉は大丈夫?

前回の記事で脂粉について少し触れましたが、今回はもっと掘り下げてみようと思います。

オカメインコとハムスター

ハムスターから常に一定の距離を保つレモン氏

脂粉ってなーにー?

鳥さんの身体から出る白っぽい粉のようなもの。
人間でいうフケのようなものですが、どの鳥さんからも量は違えと出てくる健康の証です。
身ぶるいしたときや身体をかいたときによく落ちてきます。

鳥さんの羽毛に水分や汚れがつくのを防止する働きがあるようですが、正確なメカニズムは分かっていません。
身体が大きな鳥さんほどたくさん出ます。

落ちた脂粉をそのままにしておくと人間のアレルギーの原因になったり鳥さんにもよくないです。
フンのお掃除より大変という声も…

これが理由で飼うのをためらう方も。
ちなみに私は自分もフケが出るのであまり気になりません笑

脂粉対策

脂粉の対策としてはなにより清潔に保つことを心がけることが大切です。
他にも導入すると便利なものがあります。

空気清浄機

脂粉を逃さず吸い取ってくれるみたいです。
私も買おうかな…🤗
フィルターがすぐ汚れるのでマメな交換が必要になります。

アクリルケージ

脂粉が部屋に舞うのを防止してくれます。
ちょっとした防音対策にも効果的。
部屋に脂粉が散らない分、ケージ内に脂粉がたまるのでこちらもマメにお掃除する必要があります。

鳥かごは寝室に置くのは良くないといわれますが、一人暮らしだとワンルームも多いので、常に脂粉を吸い込んでいると考えると…どちらかだけでも対策した方が良さそうです😳

適切な対策をとって鳥さんをもっともっと好きになろう

アレルギー等なければ過度に神経質にならなくても大丈夫だと思いますが、この先もずっと鳥さんと暮らしていくためにも適切に対策をとって、人も鳥も健康に過ごしていけるのがいいですね😉🌟

ネットショップメンテナンスのお知らせ

Paletteのネットショップ(BASE)にて計画メンテナンスが実施されますので、下記のとおりご連絡いたします。

【実施日時(24H表記)】
2018年11月19日(月) 02:00~07:00(予定)

この時間はお買い物ができなくなると思われますので、ご不便をお掛け致しますが、何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。