オカメインコを一人暮らしで飼うときお掃除は?

一人暮らしでセキセイインコさんやオカメインコさんをお迎えしようか悩んでいるそこのあなたのために!
第2回目はお掃除について、実家でセキセイインコと、一人暮らしでオカメインコと暮らしている私の実体験を元にご紹介します。

風に吹かれるレモン氏

風に吹かれるレモン氏

鳥カゴやカゴをおいている部屋のお掃除

鳥さんのためにはカゴの中は毎日お掃除してあげるのがいいと思います。
餌殻やフンや羽など散らかっちゃうのも自然なことなのですが、キレイになるといつも嬉しそうなので、意外とキレイ好き?

また自分が病気になってしまうこともあるので清潔に保つようにしましょう。
私は1週間に1度しか掃除してないので見直そうと思います…

餌の殻

カゴの中、部屋の床に散らばったものは取り除き、餌入れに入っている殻も飛ばしてあげます。
床に散らばるのは、カゴの下の方を大きなビニール袋に入れておくと、掃除のときその袋ごと処分できるので楽です。
ただ我が家のオカメインコさんは餌をくわえてウロウロするのが大好きなので、カゴの下の方を包んだところで登って上から落とすし、部屋のあっちこっちにも散らばるので意味ないです☺️笑

床に落ちたものは地道に掃いてキレイにしてます。

餌入れにも餌の殻がたまるので、息で吹き飛ばすか、餌柄飛ばしも売ってるのでそういうので飛ばします。

まだ餌が入っているように見えて殻ばかりだったり、鳥さんは意外と下の方まで漁れなかったりするので餓死してしまう可能性もあります。
必ず飛ばすか、全て取り替えるかしましょう。

殻のついてないムキ餌もあるのですが、これは栄養素が少ないので成鳥さんには必ず殻つきをあげてください。殻をむく楽しみもあります!
ペレットもいいですね!

普段はそんなに大変ではないですが、鳥さんには換羽(かんう)といって羽の生え変わる時期が1年間のうちに数回あります。

この時期は羽まみれになるので根気強くお掃除しましょう。

フン

鳥さんはトイレのしつけは難しいと言われています。
運動不足解消やストレス発散のためカゴの外に出して室内を自由に飛ばせてあげる放鳥のときは、マメに掃除する必要があります。
乾燥したフンから人間に病気が感染る場合もあるので注意しましょう。

脂粉

オカメインコさんの場合、体から白い粉のようなフケのような脂粉と呼ばれるものがでます。
人間の病気やアレルギーの原因になったり、鳥さんの体にも悪かったりするので、こまめに掃除して清潔に保ちましょう。
空気清浄機やアクリルケージの導入も効果的です。

鳥さんが体をかくたび白っぽくなるので、それを知った上でお迎えしてあげることも重要です。
ちなみに私は自分もフケが出るので全然気になりません✋笑

お掃除でも予防できる!人畜共通感染症

姉ちゃん(動物看護師)が「人畜共通感染症が一番怖いんよ」ってゆってた🙋‍♀️

鳩のフンはやばいみたいな話をよく聞きますが、インコさんの場合どうなんでしょう?

今回は掃除をしないことで発症する可能性のある感染症を調べてみました。

オウム病(鳥クラミジア症)

病気の鳥のフンから菌を吸入することで発症します。
症状は風邪に似ていますが、ひどくなると肺炎なども引き起こすため注意が必要です。
ドバドの保菌率は20%程度と高く、だから鳩のフンはやばいって言われるんですね…!

以前とても話題になったそうで、飼っている鳥を手放す人も続出したとか…
きちんと距離感をもった接し方をしていれば、しっかり予防できる病気です。

人間の症状

1〜2週間の潜伏期間を経て、急な発熱やせき、頭痛など風邪やインフルエンザに似た症状がでます。
比較的軽症のものから、肺炎や髄膜炎といった重大な病気に発展することもあります。

鳥さんの症状

食欲減退や体重の減少、下痢、羽を膨らませてあまり活動しなくなるなど。
治療せず重症化すると数日で落鳥してしまうことも…😢

オウム病(psittacosis )とは|国立感染症研究所ホームページ

鳥インフルエンザ

A型インフルエンザウイルスに感染した鳥や死骸との接触、フンなどから感染します。
日本での鳥から人への感染はまだ確認されていません。
アジアやアフリカ、中東で発生しており、特に中国などに旅行に行く際は注意が必要です。

主に渡り鳥が媒介する病気のため、国内では弱った野鳥や野鳥の死骸には近づかない、触らないことが大切です。

お迎えした鳥さんが感染することは稀ですが、年に1、2回は定期検診を受けると安心です。

鳥インフルエンザについて|厚生労働省

感染症の予防策

🙅‍♀️口移しはしない
🙅‍♀️同じ食器は使わない
🙆‍♀️鳥かご等は清潔に保つ
🙆‍♀️ふれあい後は手を洗う
🙆‍♀️鳥さんが弱ったときは獣医さんの診察を受ける

寝室に鳥カゴを置くのもあまりよくないみたいです。
とはいえ一人暮らしだとワンルームも多いので、その場合は枕元には置かない、フンや羽毛は早めに片付け、より清潔な環境に保つことを意識した方が良さそうです。

感染症は予防・治療できる!ペットを捨てないで

もしも感染症にかかってしまっても、自分の病気も鳥さんの病気も治療できるものです。
正しい情報を取得して、いざというとき安易に手放すことがないよう気をつけたいものです。

外に逃がすことは殺すことと同じです。
どうしても飼えなくなったら里親さんを募集するなどして、その子の行き場を必ず見つけてあげてください。
そこまで考えた上でお迎えするのが一番だと思います。

そして健康に過ごしてもらうために、日頃から清潔な環境を保つことから始めたいと思います🙋‍♀️

セキセイインコ・オカメインコの鳴き声は一人暮らし(集合住宅)でも大丈夫?

一人暮らしでセキセイインコさんやオカメインコさんをお迎えしようか悩んでいるそこのあなたのために、実際に一人暮らしでオカメインコさんと暮らしている我が家の様子をお伝えしたいと思います!✌️

麻の実ばっか食べるレモン氏

第1回目は鳴き声について

鳥さんといえば一番気になるのは鳴き声ではないでしょうか。
鳥さんだから鳴いてしまうのは自然なことなので、鳴く頻度が少ない、鳴き声が小さい種類をお迎えするというのも一つの手です🙆‍♀️

ググってみると鳴き声の小さい鳥さんについての情報がいくつかありますね!
ただヨウムさんは大型インコの中では小さいというくらいで、実際はめちゃくちゃでかいです!
ショップに行ったとき威嚇されちゃいましたがめっちゃでかかったです!

あとコザクラインコさんやボタンインコさんといった「ラブバード」さん達も実は少し鳴き声が大きめと言われています。

個人的には文鳥さん、アキクサインコさん辺りが小さくて安心なのでは?と思ってます!

セキセイさんの声もどちらかといえば小さめなので、飼いやすさも含めて一人暮らしで初めて鳥さんを飼うにはいいかもしれません。
ただ男の子は割とずっと鳴きます。声の大きさがさほどでもずっと鳴いていると、もしかしたらうるさい!となってしまう可能性もあります😢
セキセイインコやオカメインコは男の子がよくおしゃべりすると言われています。

実家のみどり氏は男の子

ですので、セキセイインコ、オカメインコの場合は女の子をお迎えするともしかしたら集合住宅でもいけるかもしれません…!
言い方がぼんやりなのは個体差があるので一概にはいえないためです…😌

実際、はじめてオカメインコの女の子をお迎えして、鳴く頻度の少なさにびっくり!
何度も言いますが個体差あります!でもレモンちゃんは少ないです。

そんなオカメインコさんの鳴き声は「ピュイ!」「ヒュイ!」みたいな感じで、セキセイさんのピッピッ!とはまったく違います。
セキセイさんより大きくて響く感じです。

鳥さんの習性「呼び鳴き」

さらに鳥さんには呼び鳴きというのがあって、飼い主さんが見えないと「こっちきて!!」と言わんばかりに大きな声で鳴いちゃう習性があります。
セキセイさんの呼び鳴き<オカメインコさんの呼び鳴きですが、どちらもかなり大きいのでご近所に響き渡るのは覚悟してください…😨

これを抑えるトレーニングもあるのですが我が家はあまり効果がないので半分諦めてます…🤗
冷や冷やしますが、うちは左右に隣接する部屋がないのと、私が外出したときは呼び鳴きしないので(トイレに行ったり近くにいるのに姿が見えなくなると鳴いちゃう)、ギリなんとかなってる感じです。

アクリルケージを利用してみる

あとはアクリルケージを利用することで防音対策をするという方法もあります!
ケージ内に保温器具を入れる場合は、内部の温度を管理するためにサーモスタット等を利用する必要があります。

熱帯魚なんですけど、ヒーターが壊れて水温が上昇しすぎて全滅した話を聞いたことがあるので…
ぜひ温度管理には気を付けましょう…!

万一飼えなくなったら

どうしても飼えなくなってしまった際は絶対に外に逃がしたりせず、家族や友人に相談したり、ネットで里親さんを募集したりしましょう。
外に逃すのは結果的に殺すことと同じです。生態系を崩すことにもなります。
できればお迎えする前に保護・避難先を確保しておくのが一番いいと思います。
私はご近所さんから苦情が来たら実家で暮らしてもらおうと思ってお迎えしました。

結論

🌟セキセイ・オカメの場合、男の子より女の子だと安心度が3割くらい増す
🌟セキセイオスとオカメメスの鳴き声の大きさ比較目安は
セキセイオス<オカメメス<<セキセイオス呼び鳴き<<<オカメメス呼び鳴き
🌟万一飼えなくなった時はどうするかまで考えてからお迎えしよう!

お世話する動物との相性もありますが、私にとって感情豊かな鳥さんとの暮らしはとても楽しいものです。
しっかり考えて楽しい鳥さんライフを!

8月29日から!小鳥のアートフェスタin横浜

発送完了いたしました!!✌️
怒涛の梱包…!

Paletteはまだ少ないからそこまでだけども…!
なおレモン氏の妨害🐤

(カゴにいてもらえば)
(床に転がってるスマホカバーはすでにボロボロにされた自分のやつです笑)

小鳥のアートフェスタin横浜は京急百貨店にて、8月29日から開催です!
たくさんの作家様が出店する一大イベントとなっておりますので、ぜひぜひご来場くださいませ!!🤗

ところでネット販売中のカップスリーブですが、トールは入らないことが判明しました🙋‍♀️

ちゃんとカップが収まってるとこ撮影したいんだけど、そもそもそんなコーヒー飲まないという致命的なアレ😉

バッサバッサだけどふよふよ

なんか前かがみでめっちゃゆっくり短い距離だけど!!
飛べました!!!😂💕

たぶん生まれて間もなくクリッピングされたっぽいので、このまま飛び方忘れて飛べないんじゃないか説も出ていたので本当に嬉しかったです。

クリッピングは外に逃がしてしまったり、手の届かないところに飛んで行ってしまったりといった事故を防げるので一概には否定できないと思います🙋‍♀️
(レモンちゃんはがっつり切られていたので完全に下に落ちてましたが、大抵は少しだけ飛翔力や飛距離を落とすものです。専門的な知識がいります。)
でもショックをうけちゃう子の話なんかをきいてしまったら、やっぱり鳥さんには自由に飛んで欲しいなと思います。

飛べない頃もレモンちゃんは何度もはばたいていました。
それをみるたび本当は飛びたいのかな…鳥さんだもんね…と思いました。

換羽がはじまっても風切羽はなかなか生え変わらず…
結局換羽が終わる頃からやっと生え変わってきたかんじです。
とても心配しましたがこうして元気に飛べるようになってくれたことが今とても嬉しいです!
レモンちゃんも喜んでるともっといいです😊

まだ全部は生えそろってないようなので、きっともっともっと上手に飛べるようになるんだと思うと楽しみです🌟

手の上と狭いところが好き?

なーんでそんな狭くて暗くて埃っぽいところがお気に入りなんですか!かわいい!😭💕
それとも入りこんで暗いから怖くなってるのか??かわいい☺️

あと博多のアートアクアリウム展に行ったら、ほっぺたぷくぷく金魚ちゃんがいてテンション上がりました。

姉ちゃんに「レモンちゃんといいほっぺが好きなの?」と言われました🤗