俺T16~20巻あたりを読むと
早坂くんの写真入れと、記憶をなくすのが前後して
あれ!?どういうこと!!?
ってなるので改めて考えてみやした
ググっても見つからず、ひとり悩んで悲しかったので
考察の過程の大真面目なボツ案も書きます笑
なんとかひとつの答えに行き着いたよ…!
がんばれ私の読解力!!笑
↓俺様ティーチャー 16・17・18・19・20巻 ネタバレ込み考察
読み返してあれ?ってなったので修正したよ。(15.11.28)


疑問点
17巻で忍に返された写真入れを
早坂くんが覚えていなかったのはなぜ?
ボツ案1
1巻ラスト(だっけ?)で、早坂くんが見てる写真は
写真入れではなく生徒手帳にいれたものであり、
写真入れは瑠奈にこっそり置かれたもの。
それを忍に取られた。

写真入れはカゴに入った服と一緒に置かれている
=おそらく寮の脱衣所
瑠奈が入れたとは考えにくいのでボツ
ボツ案2
瑠奈に服にこっそり入れられた。

やっぱり風呂場とかですぐ気づかれて怪しまれる。
いやむしろそこから動揺を誘うのが目的?

瑠奈は暗示をかけるまで
早坂くんが幼少の頃会っていた男の子とは知らない(20巻)。
写真入れが瑠奈の仕業なら
その男の子だとすでに気づいているはずだし、
そもそも瑠奈回のどこにも写真入れを
こっそり仕込むような描写がないのでボツ
ボツ案3
喧嘩を売らないと決めたとき以降、
喧嘩の理由と関わりの深い(と思われる)写真を気にしなくなったか
「見えないもの」になった。
その頃まではもっていたから、中学生化したときは覚えてた。

なぜ気にしない、見えないものになったのか、
自分の中で消化されたからとも言いにくいし、そうだとしても
父親の説明※ともあんまり一致せず、説得力に欠けるのでボツ
※父親の説明は、
重大なことや見たくないもの、心に負担をかけるものが
「見えない」ものになるというもので、
写真自体はその頃の早坂くんにとっては
病弱だが“生きてる”母と自分の写真であり
持ち歩くくらい大事なものであるはずで、
1巻の真冬ちゃんの言葉で
晴れやかな顔をみせつつ眺めたその写真が
心に負担をかけるものになったとも考えにくい。
そうつまり…!
本命案
「写真入れ(大事なもの)をとられた」という事実、
その脅しの手紙自体が「なかったこと」になった。

19巻の鷹臣くんと早坂父の会話の回想でその手紙が一例として出てる
手紙は「見えないもの」になっていた。
だから16巻で鷹臣の「本当に手紙貰ってねぇんだな?」という問いにも
本当に覚えのない様子だった。
17巻で忍に渡された写真入れ・写真を見て
「あれ…?なんで…?」と言ったのは、
「写真入れがとられて自分の手元にない」
という認識がなかった
から。
ちなみに瑠奈に記憶を消される前なので
風紀部3人の写真に対して疑問を持ったというよりは、
写真入れは元の状態(2枚の写真を重ねて入れている)で返されたはずなので
(19巻で写真入れのふくらみから重なった下の写真(風紀部の写真)に気づいてるし
忍なら元の状態で返しそう笑)
早坂くんが反応したのは自分と母親の写真とすると、
昔の写真が覚えもなく忍から
突然手元に戻ってきたため、あれ?となった。
中学生化した早坂くんが写真入れを覚えていたのは
写真入れをとられたことも、それが戻ってきたことも
すべて忘れていたので、ただの「大事な写真入れ」となっていた
と、そういうわけかなと…どうかな…!?
めんどくさくて言い切るような文体になっちゃってすみませんが
あくまで私の考察なのでご注意を…!
てか本命案みると1案の生徒手帳ってwww
ってなるwwww
そして早坂くんの過去がわかったので今までのことも考えてみた。
まずは以前喧嘩にあけくれていた理由、
それは母に言われるがまま父親から逃げてばかりいたのが、
母を守れない力のなさも含めて「弱い自分」として
忌むべきものになってたのかなと
だから自ら喧嘩すること、勝つこと=強い自分ということで、
たくさん喧嘩を売ったり買ったりしてるときが安心できたのかなと。
でも父からダッシュで逃げてる場面は、
ちょっと楽しそうでもあったのは気のせいかな…
そして名前については、
早坂父からの希望や、鷹臣くんの協力で
名簿とかも苗字のみにしているのではと思いました。
重要書類はフルネームだろうけど、うっかり生徒の目にも触れる出席名簿とか…
だから真冬ちゃんたちはずっと知ることができなかったんじゃないかなと。
早坂くんにとって自分の名前は嫌なものでにバレたくないもの、
だから鷹臣くんが早坂くんの弱みを握る形になっていた…みたいな
弱みになる過程とか、そのへん4コマで読みたい…なあああっ(抑えきれない欲求
ミドルネームの件はちょっと引っかかって
早坂くんが嫌がってるから父からもこっそり省略を頼んだのかと思ったけど、
母由来のミドルネームを嫌がるのは金髪でいることと矛盾するように思うし、
早坂くんの記憶を「真実」としたほど息子を思う父をみれば、
19巻で瑠奈の言ったような意味で「隠した」とも思えないので、
単純に人と違う部分に気を遣った親心ということでいいのかな。
早坂くんもミドルネームは嫌がって隠してたわけじゃないのではと思いました。
ちなみに私の予想してた早坂くんの秘密は、
夏男を男らしい名前だと羨ましがってること、
強い奴に憧れをもつことから
女の子っぽい名前か女の子でも通る名前、
つまり小さい頃は女の子として育てられていた説ですw
成長してそれが普通じゃないと知り
「あのころを忘れたいぜ…」と喧嘩にあけくれているのでは
というものでしたww
上記の喧嘩の理由については、
この予想も考察のベースというか手助けになりました。
無駄ジャナカッタ…ヨ…(
しかし香…いい名前ですな…!
こうだからこう!っていう理由はないけど、
この名前以外にないっ!という感じがします(^o^)
もしかしたら、今後詳しく描かれるかもしれないけれど、
今のところの自分なりの補完としてはこんな感じです!
ああ~長かった~~(いつものこと)
違ってたらウケる~~笑
でもまた考えるのもきっと楽しいね!
来月は新刊じゃーー!!

コメントを残す