ロマンチック共犯者【俺様ティーチャー 22巻感想】

いやほらさ…やっぱ思うんだけどさ
真冬ちゃんって乳でかいよね
こんにちは。

生徒会編クライマックス!ですよ!!
表紙も裏表紙も雅様!
カバー折り返しも必読ですw

↓俺様ティーチャー 22巻 ネタバレ込み感想

犯人がわかれば思惑もなんとなあくわかったので雅様の行動はとても理解できるものでした。
一番は、真冬ちゃんが雅様にとってのヒーローだったとわかったこと!
これまで雅様のしてきたことの根底にそれが一貫してあるのは充分解るので生徒会編の最後に二人の距離が縮まったのは(ラブ的な意味ではない笑)とても、とてもよかったなあと思いました!
最初は敵かと思ってたのに味方どころか、実は憧れてました!しかも年下の女の子に!とか
ちょう萌えるんですけど( ຶ- ຶ)

そしてそして!いよいよ三年生は受験!卒業!
もちろん四年生の番長も!!ww

ていうか番長の「恋の共犯者」が最高の破壊力だったwwwwww
「真顔でなんてこと言ってんだよ」って誰も言ってないからね!?!?wwwwww
真冬ちゃんと河内が付き合ってるわけじゃないとわかってほっとする番長完全に恋だわ~

恋ですわ!!!!!!

まさか鷹臣くん百地先輩とくっつくんじゃ…!?
とか思った私を誰も責められまい…(:3_ヽ)_

次巻からは新章!新学年!黒髪編!wwww
そろそろ真冬ちゃん過去回とか…こないかな…!?

コメントを残す