【俺様ティーチャー 26巻 感想】俺ティーイリュージョン👏

リニューアルのついでに過去記事も整理したんだけど、自分のテンションがキモすぎてドン引いたのでほとんど非公開にしたったわ!!!!✌️✌️✌️
黒歴史現在進行形というやつ…………🙋‍♀️

↓俺様ティーチャー 26巻 ネタバレ込み感想

裏表紙のあらすじ読んだらめっちゃ重そうなストーリーなのに、読んでみると安定の俺ティーっていうイリュージョン👏👏

魔性のナデナデ

自分で言ってるけど真冬ちゃんほんとちょろいな!笑
大抵の危機的困難は自分で乗り越えられるのにナデナデにやられる元番長

真木先生の確信犯感がヤバい

「お腹がすいたから帰った」などと息を吐くように嘘をつく…

軟禁先は…!?

なんと華房邸!!
真木先生は会長の妹、藤子様の使用人だったのです!

頼れる味方

ジョセフィーヌwwwww割と毎回大活躍wwwwwwww

ジョセフィーヌが由井を経由するようになっているのでうまい具合に鷹臣くんに連絡がつきます。
ラプンツェルの王子は犬塚だった…!!絵的にうれしくねえな!?!?

判明する真相

以前の事件の折に亡くなったのはやはり回想の少女でした。
しかも真木先生の妹。
そして藤子様と出会った真木先生は、同じ名前の彼女を自分の妹の身代わりにしました。
それは藤子様も同じで、真木先生を通してお兄さん(華房会長)を見ていました。

しかし藤子様が本当のお兄さんに会って、自分の気持ちに気づいたとき、真木先生は藤子様にとっての「お兄さん」ではなくなりました。
この気持ちに気づいた描写がさいこうによかった…😭たった3コマに全部つまってた…

真冬ちゃんからの連絡で鷹臣くんも地元埼玉で情報収集をおこないます。
真実を知った鷹臣くんが今後どう動いていくのか気になります。
そして真木先生と藤子様の関係はどうなるのか!?
次巻もたのしみです!

【俺様ティーチャー 25巻 感想】俺ティーに限ってアダルトな展開はないでしょ(鼻ホジ)

最近部屋に枝を飾るのが楽しみなんですけど、花屋で毎回枝を買う変な女になりつつある…😌
あと大ぶりだから持って帰るときも枝をかかえた変な女に…😌

No1、2、3揃った豪華な表紙!!
帯の俺Tワロタ

↓俺様ティーチャー 25巻 ネタバレ込み感想

俺様ティーチャー 25

俺様ティーチャー 25

今宵は地元でパーリナイ!!!!(ホント)
謎解きは次巻に持ち越しでまたぐぬぬした…ぐぬぬ
ていうか!!!どういうことなの!!!
ラブの気配通り越してアダルトなの!?!?!?
そう!?!?!なの!!?!!?

なにはともあれ見どころをまとめるよ

本気度MAXサバゲ(水)

当たった奴は喋る屍と化す😰

ここで真木先生が西高の元No2ということが判明!
西高のゲームの達人(名前忘れた)の話では、真木先生らしき人物がいた年には、No2によって番長や校内中の不良たちが倒され西高が壊滅状態になったとのこと…
つまり真木先生が暴れまくって…!?!?
さらに人が一人死んだらしいとか…!

病院にいる真木先生の妹のような少女の回想を見ると亡くなったのはやっぱりこの子…?

早坂くんの取り合い

いつものこと🙋‍♀️

巻き寿司大会

早坂くんが完全にアホの子www
巻き寿司(世話焼き)奉行寒川✌️

鷹臣くんとの黒歴史を思い出しツアー

鷹臣くん今巻出た…?😨

真冬ちゃん行方不明

そしてラストで真冬ちゃんはどうやら連れ去られた模様!www
監禁してあれやこれやなの!?!?!アダルト…

でもまってください。これは俺ティーでした…!
完全に妹的な子と真冬ちゃんを重ねてしまっている真木先生にアダルトな展開は🙅‍♀️🙅‍♀️🙅‍♀️
ありえません!!!!
健全ヤンキー漫画なんで…

てかもう新刊出ちゃったよ…ご飯が食べたくてお金がない〜〜
来月こそ買いに行こう👛

カオスだけど大体ウテナの話

Rentaの本棚が何百冊とかなってるけど大体バラ売りのエロ漫画という事実😇

いろんなとこで書いてるけどiPad Pro&Apple Pencilをゲットしました。
クリスタも入れて!!デジ絵がお手軽に!!!ひゅー!!!🤗💕

iPad Pro&Apple Pencil&ClipStudio

機械周りといえば、入社数か月にして職場のPCが壊れました🙄💻
「パーン!!」ってなったらしいwwwワロタwww
笑ってる場合じゃないけどwww
こんなことってあるんやな…😉

データは生きてたので自分のノートPCで仕事してます。
デスクトップ憧れてたけどこういうときノートで良かったなあってなるよね~

最近はウテナ一挙がめちゃくちゃ面白かったです。
絶対⚜️運命⚜️黙示録⚜️!

少女革命ウテナ

なにがすごいって絶対⚜️運命⚜️黙示録⚜️🎵が頭から離れなくなることな😇

物語としてのおもしろさはラストスパートが最高でした!
序盤~ラスト直前はどっちかというと1話それぞれが面白いかんじで、繋がりはあるけどこの回の話おもしろいよね~的な。
薔薇の花嫁とかは物語を面白くする設定にすぎない感じ。

でもラストが最高に熱かった!!
設定がこうなるのか!!って!!
少女革命…😭😭😭
このラストを見るために我々は数十話を駆け抜けたのだよ…!!

ウテナがすごい好きで、アンシーはそうでもなかったけど、最後すげー好きになりました。
それくらい!!ラストはすごい!!!(語彙力)

殿堂入り的な確固たる地位を築いている理由がわかりました。納得!!
これはおもしろかった!!
劇場版があるんですかね??ぜひ観たいです!!

以上クソ日記でした😇

【銀魂 62巻 感想】スペシャルありがたみ~!

スマホカバーがオカメちゃんにかじられまくってまるで数十年使いこんだかのよう…
こにゃにちわ。

ずっと前書いていた感想を今更上げるぜ!!ひゅ~~

↓銀魂 62巻 ネタバレ込み感想

ちょっと銀ちゃんまた悪夢みてんじゃん!!!
いや…まあアレのせいだなこれは…アレ

ヅラが振り切ってて笑ったwww超うれしそうwwww

そして万事屋アキバ支店!!!
初めてのお客さんは…信女!!?

ていうかホラ…やっぱ目に光が…😭
もうこれだけで私満足だよ😭銀魂好きでいてよかった😭
あと服めっちゃかわいいですね

「異三郎の同志として」

同志…!それだ!!!!😭

そんな信女の計らいで鬼兵隊のメンツと顔合わせ…!
こっちでゴタゴタやってる間にそんなことになってたの!?!?みたいな

これは本当にみんな仲間になって戦うのかなと思ったけど、そもそもこいつら敵じゃなかったじゃん…
高杉と銀さんは敵同士じゃなかったよ…

そして!ここらで今迄の事整理してみようスペシャルがありがたかった!!
おかげでちょっと解ったかな~
でも異三郎はなぜ一橋派にいたのか??
天導衆に復讐するためとしても、そもそもなんで家族が天導衆に殺されたの??

それについてはこちらがわかりやすかったです!ありがとうございます!!

佐々木異三郎(銀魂)の徹底解説まとめ | RENOTE [リノート]

つまり護衛の任を守れなかったとして真選組をつぶす予定が、骸たち子どもに暗殺させたくなくて失敗させたら、それが天導衆にバレて家族が粛清されたと…
で、一橋に取り入ったふりをして、最後はすべてを終わらせようとしたという。
なるほど~!!

虚が不死身だということもわかり。
一国傾城編のラストで朧の死体がなかった伏線もここで回収…!!
じつは全部繋がってたっていうのが胸熱です!!

あと今巻は銀さんなかなかかっこよかったね!!
大活躍!!かっこいい~~

敵の小ボス?中ボス??的なのがでて、バトルマンガっぽい引きで終わります。

桂が爆弾しか使ってねえwwwと思ってたら、次巻は戦うみたいですよ!!
でもこの敵たちは雑魚だといいな~~開始1コマで終わらせよう!!
1巻まるっとバトルより、銀魂の醍醐味はセリフ回しや心理描写だと思ってるので、そういうのたくさんあるといいな!
でも今70巻くらいまで出てるからやっぱ強いのかな~~

今後どうなるんだろう…本当に…!

【銀魂 61巻 感想】さらば真選組…!

銀魂は最近ストーリーが重厚すぎて、最近自分の中で下火かな…とかあったんですが、全然そんなことない…
知り合いの心ない言葉とかに惑わされそうだったけど、好きでいていいんだよ銀魂…!!
たとえ誰もが面白くないっていったとしても、好きなら好きでいいんだよ銀魂!!!!

↓銀魂 61巻 ネタバレ込み感想

白も黒もごっちゃになって戦って、どっかのレビューで「ご都合主義」って書かれてたけどいいじゃないですかご都合主義!!!!😭
これが見たかったんだよ私は!!!!!😭😭
と思った61巻でした。

異三郎はな…これまでの銀魂読んでたらまあ死ぬよなあって…
彼の罪は重い…んじゃないかな
何があったかよく覚えてないけど

異三郎を見送る信女の瞳には光が宿ったようで、また泣きました。

異三郎と信女の関係ってなんだったんだろうな…
家族のような…友人のような…恋人のような…
娘の名前だから恋人は違うかな…
なんにしろ二人には二人の関係があったんだろう

あと今巻は、近藤さんの存在の大きさを知る回でもありました。

真選組にとってはもちろんかけがえのない人であり、そんな近藤さんのように、いつのまにか大きな存在となっていた銀ちゃん…
また銀さんにとっては、松陽先生のように失うのではなく取り戻すことのできた近藤さん。

お妙さんや新八にとっても、大事なストーカーゴリラ存在となっていました。

いやほんと…生きていてくれてよかった…!!😭

ていうかお妙さんと近藤さんってとうとうフラグか!?!?!?
ということはヒロインはやっぱりツッキーなのか!?!??!

しかし敵の正体なんなんだろな?
松陽先生であって松陽先生でない…

でも信女の言う通り、先生を殺したのが銀ちゃんではなく本当にこいつだとしたら、背負ってるものがどれだけ軽くなるか…そう思わずにはいられません。
銀ちゃん地味に自己嫌悪はんぱないからな…

そんな銀ちゃんが今まで沢山出会って護ってきたものは、間違いなく自己肯定していいものであり、彼が生きてきた、今生きている証しなんだと思います。
仲間がいて支えられていて、自分もそんな仲間を支えることができるときっと理解していて…
だからもう悪夢もみなくていいし、自己嫌悪もしなくていいんだよってそれも解ってほしいです。
いやもうとっくに解ってるかな??

ていうか知り合いに「銀さんって余計なことしてるだけで別にいらなくない?(笑)」って言われたことがあって、軽く絶望しましたもん…ひどい…えんがちょ!!!!!

戦いが終わり、幕府に反乱したとして、激昂する喜々の目から逃れるため江戸を出ることになった真選組。
近藤さんとお妙さん、総悟と神楽、トシと銀さん…
仲間なんて到底いえない、いがみ合うような仲だったそれぞれが、でもお互いに大切なものだと理解していて、それぞれの別れをするのが印象的でした。

ていうか個人的に総悟が神楽のとこに来てくれたのがすっげーうれしいよ!!!
信女に浮気したかと思ったわ!!!
まあどうせ戦闘狂だったけど😊

あと銀ちゃんの「来たな…」って感じの笑顔がさいっこうにかっこよかった!!!!
トッシーがはじめて銀ちゃんに感謝をしめし、銀ちゃんも素直にその意をしめす…

逆の丼を食べる二人にまた泣きました。

最後に笑顔で晴れやかに去っていく彼らが、今後どうなっていくのか…
不安もありますがきっと大丈夫と信じて。