様々な病気につながる!?オカメインコの慢性的・過剰な発情を抑制しよう

綿棒にはしゃぐレモン氏

快適に保たれた温度や夜でも明るい室内🏠💡
人間や鳥さんにとって過ごしやすい環境は、鳥さんが慢性的に発情しやすくなってしまうことがあります。

過剰な発情によって女の子の場合は産卵の回数が増えるため、さまざまな病気や不調につながります

男の子も例外ではなく、交尾行動や愛情表現である吐き戻し等で怪我や病気につながったり、精巣の発達による神経の圧迫なども起こってしまいます。

今回は慢性的・過剰な発情を抑える対策について考えてみたいと思います💪

オカメインコをはじめとする鳥さんの発情対策

巣箱は使わない

特に女の子は巣や巣箱は発情を促してしまうので、繁殖の予定がない限りは入れないようにします。
他にも狭くて薄暗い場所は巣のように思ってしまうので、放鳥時など物や家具の隙間に入り込んでしまわないよう注意が必要です。

鏡やおもちゃは様子をみつつ使用する

オスメス共に鏡やおもちゃも発情を促すことがあります。
発情しすぎてしてしまうようなら使わない、代わりに他のおもちゃも試してみると鳥さんの楽しみも広がりそうです。

背中を撫でない

メスの場合、交尾を連想させるので背中はあまり撫でないようにします。
うちの鳥さん(♀)は首の後ろをカキカキすると発情してキュイキュイ鳴くので、鳴きだしたらやめて気をつけるようにしています。

カゴに紙やおが屑を敷かない

紙を千切ったり下に潜り込んだりすると巣作りをしている気分になり発情してしまうことも。
うちは女の子ですが男の子もなのかな…?🤔
紙の上にフン切り網を乗せれば防止できそうですが、フン切り網は怪我の危険や掃除のしにくさなどから外されている方も多いかと思うので(わが家も付いていないです)、悩みどころです…😞

明るい時間を長くしない

野生の鳥さんの発情・産卵時期は、暖かくなって日照時間が伸びる時期です☀️
ですので、飼育下の鳥さんもできるだけ自然に近い状態にすることが望まれます。
日照時間を適切にすることで発情抑制にもつながります。

繁殖の予定がなければ、日が沈んだら暗い部屋に移動したり布をかぶせてあげるような、明るい時間を短くする早寝遅起き生活がいいみたいです。🌅
ただ薄暗い中は逆に発情を促してしまう場合もあるので、様子を見ながら鳥さんに合った時間でうまく生活できるといいですね。

夜は静かな部屋にカゴを移動するのも良いですが、わが家はワンルームなので夜は豆電気にして、カゴには布を被せています。
電気をつけた部屋でカゴに布を被せると巣作りしちゃうので…😅

夜こちらの様子をじっと伺うレモン氏

夏は暑く冬は寒く

上記と同様に夏は暑く冬は寒い、自然に近い環境が望ましいです🏝
鳥さんは熱帯地方の出身が多く、日本の夏の高い湿度や冬の厳しい寒さは体調をくずしたり時に命を落としてしまいます。
特に雛〜1、2歳の頃は抵抗力が低いので、寒い時期の保温は重要です。

しかし成長して発情時期を迎えた鳥さんには、夏暑く冬は多少寒くしてあげることが日本で過ごしてもらう上での丈夫な体づくりのためにも必要かもしれません。
自然に近い環境にしてあげることで過剰な発情の抑制にもつながります。

過保護になりすぎず鳥と人の距離を保つ

愛情いっぱいの飼い主さんはときに過保護になってしまいますが(私もなりがちです🤗笑)、愛情を注いで毎日しっかり様子を見てあげているからこそ、無理をしない対策がとれるのではと思います。
可能な範囲で過ごしやすく、病気になりにくい身体づくりをしてあげたいですね😊

【参考サイト様】
参考にさせていただきました。
ありがとうございます!🙇‍♀️

小鳥の産卵 | りっか動物病院
飼い鳥の発情
小鳥さんの発情コントロール|小鳥の病気なら川口市の小鳥のセンター病院・中央|小鳥専門病院
ブログ|みやぎ小鳥のクリニック
飼鳥の過剰な産卵の防止法

オカメインコが卵を産んだ!実は命がけな産卵の対処法

結構前になりますが、なななんとレモンちゃんが卵を産みました!

なんか卵だとわかってなさそう感😇

鳥さんの女の子ははじめてなので卵を見るのは(食用以外は)鳩の卵を見た以来なので、飼い主も最初「白くて丸い物体??🤔」と思いました笑

おめでたい!…だけではない!?出産は命がけ

人間がそうであるように、鳥さんにとっても出産(産卵)は命がけです。

産卵時に起こりうる命に関わる重大な症状

通常、鳥さんは4〜5個の卵を1日おきに産みます🥚
産卵には通常の栄養素の他に、卵を形成するカルシウムが必須なのはもちろん、日光、体力等々さまざまなものが必要となります☀️

これらが不足してしまうと殻の柔らかい軟卵・薄殻卵になったり、サイズの小さい小型卵になってしまいます。
こういった卵は産み出しにくく、産卵できずに卵がつまってしまう「卵塞症(卵づまり・卵秘)」につながります。
卵づまりは体力を消耗したり排便障害をおこしたりと生命に関わる場合もあるので、早急に対処が必要です。

また、正常な卵が作られず卵の材料がそのまま卵管に残って蓄積すると「卵管蓄卵材症」を引き起こします。
卵管が肥大化して呼吸器を圧迫したり、漏れ出た卵材により卵材性腹膜炎を併発したりと、最悪死に至ります。

発情の回数が増えるほど危険が増す

野生の鳥さんは本来春先から夏にかけて発情し卵を産みます。
一方飼い鳥さんの場合、1年中慢性的に発情していることが多いと言われています。
これは一定に保たれた快適な温度や充分な餌、夜でも明るい室内などペットとしての環境によるものとされています。

こうした過剰な発情により産卵の回数が増えた場合も、鳥さんの体内のカルシウムが不足し軟卵になったり、卵管が充分に収縮できなくなって卵が産めず卵づまりとなってしまいます。
確率的にも危険度が増すのは想像に難くありません。

また過剰発情によりホルモンが乱れてしまうため、卵巣腫瘍卵管腫大といった婦人科系の病気にもつながります。
他にもカルシウム不足による筋肉の麻痺(産褥テタニー)、骨粗しょう症、卵の産みすぎによる肝機能不全ヘルニアやこれらに伴う排便障害を発症することも。

発情時はたくさんの栄養を必要とするため過食となり、肥満脂肪肝症候群になってしまうことも多いようです。

病気になってしまったら

鳥さんの様子が少しでもおかしいときはすぐに病院に行きましょう🏥
有名ですが鳥さんは群れで暮らす生き物なので、群れから追い出されないために自分の不調を隠す傾向があります。
そのため気付いたときには手遅れになってしまうことも多いです😢
少しの不調でも見逃さないよう気をつけましょう。

少し前は「卵づまりのときはお腹をさわって確認する」とか「お尻にオリーブオイルを塗って卵が出やすくする」とか言われていましたが絶対にやめましょう
下手にさわるとお腹の中で卵が割れたり、オイルによって体温が低下して危険な状態になってしまう場合もあります。
必ず病院に連れて行ってあげてください。

産卵に向けての対策

繁殖する予定のない鳥さんの産卵はたくさんの危険につながります。
可能な限り抑制しなければ命に関わる病気を引き起こしてしまう可能性が大きくなります。
過剰な産卵をしないようにする、病気にならないようにするためには対策が必要です。

発情を抑制する

オカメインコの場合、蝋膜(鼻のところ)が茶色っぽくなりフンが大きめになったら発情のサインです。

できるかぎり発情を抑制することで産卵の負担をかけずに済み、病気の防止につながります。
発情を抑制する方法はいくつかありますので、詳しくは下記の記事にまとめたいと思います。

基本的には、

  • 明るい時間を長くしない
  • 夏は暑く冬は寒くする
  • 鏡やおもちゃは様子を見つつ使用する
  • 巣箱を入れない

といったことで対応できます。

卵が産まれてもすぐに取り出さない

卵を取り出すとまたすぐ卵を産み足してしまうので、3〜4週間はそのままにしておきます。
鳥さんは発情期の次に抱卵期というのがあるため、この期間は卵を産みません。
つまり卵を残して温めさせると、少しの期間産卵を抑えられるわけです。
(実際に温めるかどうかは別みたいです。)

これを利用して卵を産みそうになったら鳥さんの大きさに合ったサイズの偽卵(プラスチックなどの人工の卵)を入れて産卵を抑制する方法もあります。

しかし抱卵期が終わるとまた発情してしまうため、これは一時しのぎでしかありません。
環境を整えてそもそもの発情を抑制することが重要です。

カルシウムなど栄養を不足させないようにする

前述したように産卵には沢山の栄養やエネルギーが必要です。
特に卵の材料になるカルシウムは不足させると病気に繋がる場合もあるので注意します。

カルシウムはカトルボーン(イカの甲)やボレー粉(牡蠣の殻)に含まれているので積極的に与えます🦑
ビタミン・ミネラル補給に青菜も必須です🥬

これらは産卵時期に鳥さんが特にたくさん食べたがることも多いようです。
逆に中々食べてくれないときは、ボレー粉をすり鉢などで粉にして、いつものご飯に混ぜてあげるといいそうです。
飲み水に混ぜるネクトンなどで栄養分を補給するのもいいですね。

産卵の時期は注意深く見てあげよう

卵が体内にあると体重が増えるので、日頃から体重を測り、産卵の時期はいつもより注意深く見てあげましょう🙋‍♀️
万一病気になってもすぐに気づけば対処できます。

何より発情自体を抑制して過剰な産卵をしないよう気をつけてあげることが大切です。
人と同じように鳥さんも規則正しい生活、栄養を考えた食事を与える等、実践していきたいですね😊

【参考サイト様】
以下参考にさせていただきました。
ありがとうございます…!!🙇‍♀️

小鳥の産卵 | りっか動物病院
小鳥さん:卵を産んだ!|小鳥の病気なら川口市の小鳥のセンター病院・中央|小鳥専門病院
卵塞症(らんそくしょう;卵づまり、卵秘: Egg Binding)ブログ|みやぎ小鳥のクリニック
鳥の卵詰まりについて – すみか動物病院
卵管蓄卵材症(らんかんちくらんざいしょう)ブログ|みやぎ小鳥のクリニック
鳥類の発情を考える ブログ|みやぎ小鳥のクリニック
飼鳥の過剰な産卵の防止法

オカメインコを一人暮らしで飼うときお掃除は?

一人暮らしでセキセイインコさんやオカメインコさんをお迎えしようか悩んでいるそこのあなたのために!
第2回目はお掃除について、実家でセキセイインコと、一人暮らしでオカメインコと暮らしている私の実体験を元にご紹介します。

風に吹かれるレモン氏

風に吹かれるレモン氏

鳥カゴやカゴをおいている部屋のお掃除

鳥さんのためにはカゴの中は毎日お掃除してあげるのがいいと思います。
餌殻やフンや羽など散らかっちゃうのも自然なことなのですが、キレイになるといつも嬉しそうなので、意外とキレイ好き?

また自分が病気になってしまうこともあるので清潔に保つようにしましょう。
私は1週間に1度しか掃除してないので見直そうと思います…

餌の殻

カゴの中、部屋の床に散らばったものは取り除き、餌入れに入っている殻も飛ばしてあげます。
床に散らばるのは、カゴの下の方を大きなビニール袋に入れておくと、掃除のときその袋ごと処分できるので楽です。
ただ我が家のオカメインコさんは餌をくわえてウロウロするのが大好きなので、カゴの下の方を包んだところで登って上から落とすし、部屋のあっちこっちにも散らばるので意味ないです☺️笑

床に落ちたものは地道に掃いてキレイにしてます。

餌入れにも餌の殻がたまるので、息で吹き飛ばすか、餌柄飛ばしも売ってるのでそういうので飛ばします。

まだ餌が入っているように見えて殻ばかりだったり、鳥さんは意外と下の方まで漁れなかったりするので餓死してしまう可能性もあります。
必ず飛ばすか、全て取り替えるかしましょう。

殻のついてないムキ餌もあるのですが、これは栄養素が少ないので成鳥さんには必ず殻つきをあげてください。殻をむく楽しみもあります!
ペレットもいいですね!

普段はそんなに大変ではないですが、鳥さんには換羽(かんう)といって羽の生え変わる時期が1年間のうちに数回あります。

この時期は羽まみれになるので根気強くお掃除しましょう。

フン

鳥さんはトイレのしつけは難しいと言われています。
運動不足解消やストレス発散のためカゴの外に出して室内を自由に飛ばせてあげる放鳥のときは、マメに掃除する必要があります。
乾燥したフンから人間に病気が感染る場合もあるので注意しましょう。

脂粉

オカメインコさんの場合、体から白い粉のようなフケのような脂粉と呼ばれるものがでます。
人間の病気やアレルギーの原因になったり、鳥さんの体にも悪かったりするので、こまめに掃除して清潔に保ちましょう。
空気清浄機やアクリルケージの導入も効果的です。

鳥さんが体をかくたび白っぽくなるので、それを知った上でお迎えしてあげることも重要です。
ちなみに私は自分もフケが出るので全然気になりません✋笑

お掃除でも予防できる!人畜共通感染症

姉ちゃん(動物看護師)が「人畜共通感染症が一番怖いんよ」ってゆってた🙋‍♀️

鳩のフンはやばいみたいな話をよく聞きますが、インコさんの場合どうなんでしょう?

今回は掃除をしないことで発症する可能性のある感染症を調べてみました。

オウム病(鳥クラミジア症)

病気の鳥のフンから菌を吸入することで発症します。
症状は風邪に似ていますが、ひどくなると肺炎なども引き起こすため注意が必要です。
ドバドの保菌率は20%程度と高く、だから鳩のフンはやばいって言われるんですね…!

以前とても話題になったそうで、飼っている鳥を手放す人も続出したとか…
きちんと距離感をもった接し方をしていれば、しっかり予防できる病気です。

人間の症状

1〜2週間の潜伏期間を経て、急な発熱やせき、頭痛など風邪やインフルエンザに似た症状がでます。
比較的軽症のものから、肺炎や髄膜炎といった重大な病気に発展することもあります。

鳥さんの症状

食欲減退や体重の減少、下痢、羽を膨らませてあまり活動しなくなるなど。
治療せず重症化すると数日で落鳥してしまうことも…😢

オウム病(psittacosis )とは|国立感染症研究所ホームページ

鳥インフルエンザ

A型インフルエンザウイルスに感染した鳥や死骸との接触、フンなどから感染します。
日本での鳥から人への感染はまだ確認されていません。
アジアやアフリカ、中東で発生しており、特に中国などに旅行に行く際は注意が必要です。

主に渡り鳥が媒介する病気のため、国内では弱った野鳥や野鳥の死骸には近づかない、触らないことが大切です。

お迎えした鳥さんが感染することは稀ですが、年に1、2回は定期検診を受けると安心です。

鳥インフルエンザについて|厚生労働省

感染症の予防策

🙅‍♀️口移しはしない
🙅‍♀️同じ食器は使わない
🙆‍♀️鳥かご等は清潔に保つ
🙆‍♀️ふれあい後は手を洗う
🙆‍♀️鳥さんが弱ったときは獣医さんの診察を受ける

寝室に鳥カゴを置くのもあまりよくないみたいです。
とはいえ一人暮らしだとワンルームも多いので、その場合は枕元には置かない、フンや羽毛は早めに片付け、より清潔な環境に保つことを意識した方が良さそうです。

感染症は予防・治療できる!ペットを捨てないで

もしも感染症にかかってしまっても、自分の病気も鳥さんの病気も治療できるものです。
正しい情報を取得して、いざというとき安易に手放すことがないよう気をつけたいものです。

外に逃がすことは殺すことと同じです。
どうしても飼えなくなったら里親さんを募集するなどして、その子の行き場を必ず見つけてあげてください。
そこまで考えた上でお迎えするのが一番だと思います。

そして健康に過ごしてもらうために、日頃から清潔な環境を保つことから始めたいと思います🙋‍♀️

セキセイインコ・オカメインコの鳴き声は一人暮らし(集合住宅)でも大丈夫?

一人暮らしでセキセイインコさんやオカメインコさんをお迎えしようか悩んでいるそこのあなたのために、実際に一人暮らしでオカメインコさんと暮らしている我が家の様子をお伝えしたいと思います!✌️

麻の実ばっか食べるレモン氏

第1回目は鳴き声について

鳥さんといえば一番気になるのは鳴き声ではないでしょうか。
鳥さんだから鳴いてしまうのは自然なことなので、鳴く頻度が少ない、鳴き声が小さい種類をお迎えするというのも一つの手です🙆‍♀️

ググってみると鳴き声の小さい鳥さんについての情報がいくつかありますね!
ただヨウムさんは大型インコの中では小さいというくらいで、実際はめちゃくちゃでかいです!
ショップに行ったとき威嚇されちゃいましたがめっちゃでかかったです!

あとコザクラインコさんやボタンインコさんといった「ラブバード」さん達も実は少し鳴き声が大きめと言われています。

個人的には文鳥さん、アキクサインコさん辺りが小さくて安心なのでは?と思ってます!

セキセイさんの声もどちらかといえば小さめなので、飼いやすさも含めて一人暮らしで初めて鳥さんを飼うにはいいかもしれません。
ただ男の子は割とずっと鳴きます。声の大きさがさほどでもずっと鳴いていると、もしかしたらうるさい!となってしまう可能性もあります😢
セキセイインコやオカメインコは男の子がよくおしゃべりすると言われています。

実家のみどり氏は男の子

ですので、セキセイインコ、オカメインコの場合は女の子をお迎えするともしかしたら集合住宅でもいけるかもしれません…!
言い方がぼんやりなのは個体差があるので一概にはいえないためです…😌

実際、はじめてオカメインコの女の子をお迎えして、鳴く頻度の少なさにびっくり!
何度も言いますが個体差あります!でもレモンちゃんは少ないです。

そんなオカメインコさんの鳴き声は「ピュイ!」「ヒュイ!」みたいな感じで、セキセイさんのピッピッ!とはまったく違います。
セキセイさんより大きくて響く感じです。

鳥さんの習性「呼び鳴き」

さらに鳥さんには呼び鳴きというのがあって、飼い主さんが見えないと「こっちきて!!」と言わんばかりに大きな声で鳴いちゃう習性があります。
セキセイさんの呼び鳴き<オカメインコさんの呼び鳴きですが、どちらもかなり大きいのでご近所に響き渡るのは覚悟してください…😨

これを抑えるトレーニングもあるのですが我が家はあまり効果がないので半分諦めてます…🤗
冷や冷やしますが、うちは左右に隣接する部屋がないのと、私が外出したときは呼び鳴きしないので(トイレに行ったり近くにいるのに姿が見えなくなると鳴いちゃう)、ギリなんとかなってる感じです。

アクリルケージを利用してみる

あとはアクリルケージを利用することで防音対策をするという方法もあります!
ケージ内に保温器具を入れる場合は、内部の温度を管理するためにサーモスタット等を利用する必要があります。

熱帯魚なんですけど、ヒーターが壊れて水温が上昇しすぎて全滅した話を聞いたことがあるので…
ぜひ温度管理には気を付けましょう…!

万一飼えなくなったら

どうしても飼えなくなってしまった際は絶対に外に逃がしたりせず、家族や友人に相談したり、ネットで里親さんを募集したりしましょう。
外に逃すのは結果的に殺すことと同じです。生態系を崩すことにもなります。
できればお迎えする前に保護・避難先を確保しておくのが一番いいと思います。
私はご近所さんから苦情が来たら実家で暮らしてもらおうと思ってお迎えしました。

結論

🌟セキセイ・オカメの場合、男の子より女の子だと安心度が3割くらい増す
🌟セキセイオスとオカメメスの鳴き声の大きさ比較目安は
セキセイオス<オカメメス<<セキセイオス呼び鳴き<<<オカメメス呼び鳴き
🌟万一飼えなくなった時はどうするかまで考えてからお迎えしよう!

お世話する動物との相性もありますが、私にとって感情豊かな鳥さんとの暮らしはとても楽しいものです。
しっかり考えて楽しい鳥さんライフを!

みどりちゃんはコツコツが好き

というわけで私情ですが引っ越しました。
本当に忘れられていたかどうかはみどりちゃんのみぞ知る…
まあコツコツさせていたのは私なんですが😉
私=メガネ…

一人暮らしは慣れてるので大丈夫です。
しかし!みどりちゃんがいない!!
鳴き声が聞こえない!!さみしい!!!

来年連れていきたいですが、まだしばらく寒いからなあ…どうしようかなあ…

そんなこんなで年越しはみどりちゃんと過ごせるのでうれしいです☺️
皆様よいお年を!!